ランニングシューズ 選ぶなら最初の一足は? 高評価4足の比較

ランニングを始めるのなら、

まずはシューズ選びから大事です。

そこで最適な一足をおすすめします。

ランニングといえば、運動、健康、ダイエットなどの

キーワードにまつわってきます。

MONODASでは、2016年に徹底的テストをして、

おすすめの一足を提案しています。

ライヴァルとなる他の3足と一緒にご案内します。



ランニングシューズ ブルックスRAVENNA8

ブルックスRAVENNA8は、

ビギナーに必要な性能をソツなく備え、価格も安いので
「最初の一足」に最適なシューズです。

クッション性:◎素材が違う2層クッションで足を守ります。

安定性:◎走っても一切ふらつかないつくりの良さです。

コスパ:◎一番安い価格で購入できるのは嬉しいですね。

ランニングシューズ ニューバランスM1040

かかとのホールド感はピカイチです。

足首のガッチリ支えられるので安定した走りができます。

クッション性:◎かかと部分のクッションは激厚です。

安定性:◎ヒールががっちり固定してひねりを防止しています。

コスパ:〇初~中級者向けとしてはコスパは良いです。

ランニングシューズ アシックスGT-2000 NEW YORK 5

クッション性は抜群ですが、前モデルと比べ軽量化が進み、
安定感が多少減ったのが残念。

クッション性:◎グッと沈み込むほどクッションが柔らかいです。

安定性:〇ソールやヒールを硬めの素材でガードしています。

コスパ:〇フルマラソンにも対応できる良品です。

ランニングシューズ ミズノ WAVE RIDER 20

前モデルより反発性が高まったため、初心者には使いこなすのは難しいモデルです。
それだから性能はプロも満足です。

クッション性:〇反発性にも優れているモデルです。

安定性:◎靴のねじれを軽減しホールド感は優秀です。

コスパ:〇クオリティが高いのに、この価格は納得します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする