時代劇

映画

地獄門 映画

物語は平治の乱(1159年)から始まります。敵の急襲を受けた御所から、武者の盛遠(長谷川一夫)は、一台の牛車を守って脱出します。それには上皇の身代わりを務める袈裟(京マチ子)が乗っていたのです。無事なところまで届けて盛遠は初めて袈裟の顔を見て、その美しさに一目惚れしてしまう。
タイトルとURLをコピーしました