シャープペンシル おすすめの進化する折れないシャーペン

各文房具メーカーからさまざまな

「折れない」シャープペンシルが発売されており、

昨今その技術は進化を続けています。

今回は、「折れない」だけでなく、新機能が加わったものや、

さらに書き心地を追求した新製品をご案内します。

シャープペンシル ぺんてる オレンズネロ

ぺんてるが「芯を折れずにずっと書き続けられる」という理想を掲げ、

開発した「オレンズネロ」。

半世紀にわたり、追求してきたシャープペン技術が凝縮された一品です。

書き心地にこだわって作られており、機能とデザインのバランスがとれています。

ただし、同製品の0.2mmは一度芯が切れると

詰まりやすい傾向があるので丁寧に扱う必要があります。

だからおすすめは0.3mmの方です。

シャープペンシル ゼブラ デルガードER

消しゴムをキャップレスにし、ペンを逆さにすると

自動的に消しゴムが出てくる新機能を搭載しています。

書いた字をきれいに消せる消しゴムの品質にこだわっています。

筆圧や書く角度に合わせて芯が内部に引っ込み、

芯をガードするため強く筆圧をかけても芯が折れない設計です。

シャープペンシル 三菱鉛筆 アドバンス

書くたび芯の先が回る「クルトガエンジン」搭載。

ペン先に内蔵されたギアが増えたことにより、

さらに細く均一な線を書き続けることができるようになりました。

従来のモデルは、40画で芯1周に対し、

「アドバンス」は20画で芯が1周する

「Wスピードエンジン」機能が追加されました。

これにペン先の偏った減りがなくなり、一律の細さを保ちながら書くことが出来ます。

シャープペンシル パイロット モーグルエアー

「モーグル」という名前の通り、

強い筆圧をかけるとペン先がもぐって折れない構造です。

さらにペンを振って芯を出す機能が付き、

ノックするストレスがなくなりました。

シャープペンシル プラチナ万年筆 オ・レーヌ プラス

ペン先が紙面に固定されるので安定感のある書き心地です。

文房具の豆知識

シャープペンシルは、元々1830年代にアメリカに誕生した文房具です。

日本で初めてシャープペンシルを世に普及させたのが、

「シャープ」の創設者である早川徳次氏でした。