G線上のアリア

クラシック

【おすすめ】G線上のアリア J・S・バッハ 管弦楽組曲第3番より

正確には、『音楽の父』という形容は教科書の世界だけの言葉で、正しくないですね。なぜならJ・S・バッハは、バロック音楽と呼ばれる末期の時代にいた作曲家で、バッハ以前にも長い音楽の歴史があるからです。しかも、その曲は、バッハの死後長らく忘れられていました。
タイトルとURLをコピーしました